FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット調教-犬ころの散歩-


首輪の上からストールを巻いて街に出る

不自然に前かがみな身体は時々ビクンと揺れ
その度歩みのスピードが遅まる

ストールの上から首輪をつかみ
耳元に顔を寄せる
端から見れば、じゃれあう男女

「犬でしょ?お散歩してあげてるんだからさっさと歩きなさいよ」

私の瞳を見つめ、小刻みに呼吸をしながらうなずく

背筋を伸ばすと顔はゆがみ
履いているパンツに不自然な膨らみが目立つ

「いやらしいこと大好きなのに、こんなのあるの知らなかったの?」

犬ころのアナルにはリモコンローターが尻尾代わりに埋め込まれている

下着をつけることは許されないから少しも気が抜けない

傍を女の人が通るたびにスイッチを「強」にする
漏れそうになる声を堪える為に強張る身体

縋る様に視線をよこすけれど
私は町の風景に目をやるだけ

「ねえ、喉が渇いたからカフェでアイスティー買ってきて」
涙目でカフェに向かうとレジの女性に向き合うや
遠くから私はスイッチを「強」に入れる
離れていても、犬ころには「リード」がついているんだから。

怪訝な顔をされながらも注文と支払いを済ませ商品を受け取る

小刻みに揺れるアイスティーのプラスチックカップ
こぼしたらお仕置きよ

店の外で待つ私にアイスティーを渡すと小声で訴える
「・・・もう、我慢できません」
「何が?」
「声が出てしまいそうですし、みんなに見られている気がして」
「見られるの好きでしょ?」
「・・・はい。でも・・・」
「もう我慢できないの?」
「・・・はい」

そんなだらしない犬ころにはやっぱり厳しい躾が必要

ローターのスイッチは「強」のまま
まだまだ楽しいお散歩は続く


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

奴隷塾終了!

池袋某ホテルで盛況の内に幕を閉じた
第一回奴隷塾でした、楽しかったです


数人のお手伝いしてくれる奴隷ちゃん達が一緒に準備を整え終え
奴隷の心得を一人一人読み上げた後
お店の女王様たちと奴隷のしばしの触れ合う時間
といっても奴隷ちゃん達は皆緊張してしまって
正座で固まるばかり



その中で、SM経験ゼロの可愛い初心者奴隷くんの
「バラ鞭と一本鞭はどちらが痛いんですか?」の質問が
女王様たちに火をつけました。笑


そこからは暫し鞭が乱舞する時間が続き
奴隷ちゃん達は空を切る鞭を
羨望と恐怖の眼差しで見つめていました

素材別のバラ鞭テイスティングなんてとても楽しかったわ


その後、また同じ子が、今度は
「蝋燭って熱いんですか?」という
なんともいえない可愛い質問をした為に
連帯責任ということで全員下着姿で正座をし
一人一人、蝋を味わう羽目になるのでした。

皆が熱がる中で、一人喘ぎ声を上げ感じ始めてしまう
お行儀の悪い奴隷ちゃん
もいて
奴隷塾らしいハプニングに
蝋を垂らす私もついつい本気になってしまいました。

それからも、吊りあり、もっと過激な奴隷のパフォーマンスありで
奴隷はちゃん達は興奮したり目を覆ったりと大忙しだったけど
これ以上の内容は、参加したみんなだけの秘密なのです


言えるのは、奴隷塾終了後に何人もの参加者から
“緊張したけど凄く楽しかったです”
“SMの世界を知れて、次は本格的に調教を受けたいと思うのでお願いします”

といったメッセージをもらったので
Rino様企画発案の「奴隷塾」は私達にとっても、奴隷達にとっても
とても有意義で楽しいイベントだったのかなと。


好評の為、第二回、三回と開催されると思うので
今ブログを読んで妄想を膨らましている奴隷予備軍の子達は
是非遊びに来てね



ただ、今回が発表とほぼ同時に満員御礼になってしまったので
気になる人はこまめにサッキュバスのHPをチェックして頂戴ね


以上、涼子の奴隷塾レポートでした



追記*今手元に写真が無いので、手に入ったらまた載せますね


テーマ : SM
ジャンル : アダルト

ペット調教-犬ころ-

私から見て可愛らしく映るM男しか
犬にはしてもらえない
見た目の可愛さより
反応の可愛さや従順さ

全裸で「おすわり」の姿勢をとらせ、首輪を装着すると
「待て」の始まり

恥ずかしい姿勢で身動きを許されない犬を
私はゆっくりと視姦していく
身を乗り出し、息のかかる距離でじっくりと


「はっは」と犬が息を上げ、腰をもぞもぞさせる

…もう我慢できないの?

「お散歩いきたいの?」
「はいっ!」
肩口を蹴られ転がる

「何、犬がしゃべってるの?わきまえたら?」
「…」
「返事は?」
「……わん…」
「何?」
「わんっ!!」

洋服だけではなく
理性を脱ぎ捨てる瞬間


首輪にリードを付けると部屋の中を散歩
誇らしげにおしりを振りながら這い回る姿は愛らしい
「じゃあ、廊下に出てみようか?」
「…」
不安げに揺れる瞳
廊下に誰もいないのを確認するとリードを強く引く

恥ずかしさから腰が引ける犬の尻を叩くと縋る様に見つめてくる
「5分ね」
「…わん」
観念して消え入るような声で吠える

犬からすれば気の遠くなる時間





「あと30秒」
体が揺れてくる

「3,2,1…部屋に戻るよ」
「わんっ!」

部屋に戻ると足元に擦り寄ってくる
頭をなでてやり、問う

「恥ずかしかったの?」
「わん!」
「ふーん…じゃぁ、なんで興奮しちゃってるの?」
「くぅ」
「ピンと立ってるじゃない。」
「…」
「恥ずかしいのが良かったの?」
「…」
「返事は?」
「…わん」

恥ずかしいのが気持ちいいなんて
本当にみっともない子
でもかわいい


言葉で攻め続けると堪らなくなり床に性器をこすりつけ始める

「もう、本当にはしたない子
「くぅ」
「じゃぁ、服従のポーズをとりなさい」

大の大人が全裸に首輪をつけ
手足を縮め仰向けに転がる

少しも萎えずいやらしい液を垂らす性器


「いい子に出来たわね」
「わん!」
「じゃあご褒美の時間よ」
「わんわんわん!!」

性器をびくつかせると涎を垂らしながらこちらを見つめる




待ってなさい
もう許してくださいというまで
狂わんばかりのご褒美を与えてあげるから


_1200405.jpg

ペット調教-お馬さん-

最近「ペット調教に興味があるんですけど・・・」というメッセージを頂くから

何回かシリーズで、今までの色んなペット君調教の様子を
少しだけ公開しようかな
(全部だと面白くなくなるものね?)



今日のペットはお馬さん

口枷をかませ全裸にさせると何も言わなくても四つんばいに
何度か調教しているから大分従順になってきている

ベッドに寄せ、しばらく私の足置きにしていると
小さく震えながら私に視線を送ってくる

・・・まだお預けよ?

勝手に動くとどんなお仕置きが待っているか知っているから
ただ私を見つめながらおとなしく待つ

立ち上がると脚を組んで馬の背中に座る

口枷の後ろを引くとよろよろと歩み始める

「危ないじゃない。しっかり歩きなさい!」

尻を強くぶたれると
背中をぴくぴくさせながら部屋の中を這い回る

徐々に上がる息遣い

でもそれは疲労からだけではなくて・・・

「何、床を汚してるの?いやらしい染みがついてるじゃない?」

口からは涎が
そしてはちきれそうな性器からは粘着質の雫が糸を引いて落ちていく


「乗られただけでこんなにするなんて、しつけが足りないみたいね」

馬から下りると、乗馬鞭で尻を叩く
身体はのけぞるのに萎えることを知らない性器

「お仕置きで喜ぶなんて、私のしつけ不足ね」

口枷の奥から謝る馬なんて無視

私は本物の馬に近づけるべく
いやらしく引くつく穴に
電気でうねる尻尾を近づけていく


不安と期待で息を荒げる馬

さあ
これからが本当の調教タイム


_1200814.jpg

女教師の妄想

最近お店の企画でRino様と一緒に女教師二人調教物語をやっているのだけれど

今までも仕事で家庭教師をしていたから、なんだか悪いことしてるみたいな感じ。笑

でも逆らえない立場にいるM男を誘惑して
無理やり弄んで玩具にして・・・
最後には懇願され施してやる
なんて
S女は一度はしたことある妄想よね

知性と本能の間で揺れ動いているM男を無理やり本能の世界へ

恥ずかしいです」「駄目です、こんなの」なんて
私を煽る言葉にしかならないわ
そして、快楽に身を委ねた後の弄ぶ道具にしか

力を入れれば解ける強さで戒めて
最後の砦までは奪ってあげない
逃げられる肉体と逃げられない精神、そして快楽の渦の中で
翻弄されている姿を

私は高みから微笑みながら見つめるの
「本当に、駄目なのかしら?」ってね



そんな 女教師の妄想

DVC00001.jpg
プロフィール

涼子

涼子
Ryoko
・165cm 45kg
・B88 W58 H88 (D)

マゾヒストさん
変態さん
どうぞよろしく


mixi始めました
日記やアルバムもあるので見てね

質問・お問合せ等はお気軽にね


◆メッセージはこちら◆

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。